ヒトの細胞数60兆個改め、37兆個



これまで、人の細胞の数は、60兆個として知られていたかと思う。
ところが、『人体生物学紀要』(Annals of Human Biology)という雑誌の2013年11・12月号に、「人体の細胞数の推定」という論文が載り、それまでの説をもう少し掘り下げたものとなりました。

それにしたところで、驚きが減ったというわけではない。
37兆個となれば、動物の細胞の大きさの平均は10ミクロンぐらいだそうだから、
これを一列にならべれば地球を9周以上もぐるぐる巻きするぐらいの膨大な長さになる。

もともと一個の受精卵から出発し、だれの手も借りずにここまで増えるのであるから、
驚嘆すべきものだ。

出典:日経新聞 平成27年5月13日夕刊より